音楽

2010年2月18日 (木)

Only Yesterday

今日はカーペンターズのアレだ、オンリーイエスタデイについてほざいてみよう。
サビのところがこうだ。

Only yesterday when I was sad and I was lonely
You showed me the way to leave the past and all its tears behind me
Tomorrow may be even brighter than today
Since I threw my sadness away Only yesterday

いろいろなところで訳が書いてあるが今ひとつなものが多い。
ここらで一発オレ訳を書いておこう。

♪私が悲しく、寂しかったのはつい昨日。
♪あなたは私に過去とその涙をみな捨て去る方法を教えた。
♪明日は今日よりも、もっと明るい日になりますように。
♪悲しみを捨てたのはつい昨日のことなのだから。

・・・・てなわけだ。
何やら悲しみを抱えていた人が恋人見つけて、
幸せになっちゃって、明日の幸せも確信している感じだ。
ついでにこれまでの不幸だった分を取り戻すぞ、みたいな勢いに満ちた感じだ。

2010年1月21日 (木)

The Rose

おとといの話の続き。というかそのきっかけ。

シェークスピアに詳しいわけでも何でもない私がなんでこれにこだわるかというと、Bette MidlerのThe Roseという歌を聴いたからである。
こういう言葉で始まる。
Some say love it is a river that drowns the tender reed
つまり「愛とは葦の若草を溺れさせる川である。と言う人も居る。」という感じ。
これにつづいて「愛とは・・・である。」というのをだらだら続ける歌である。
(有名な曲だし名曲なので探してきて聞いて欲しい。)
第2コーラスになるとちょっとひねってこうなる。
It's the heart afraid of breaking that never learns to dance
「それは怪我を怖れて踊れない心である。」という感じだろうか。
あるいは、「それは踊れないほど怪我を恐れる心である。」とすべきかもしれない。
さて、この文がまさにシェークスピアのアレ、
The night is long that never finds the day.
と同じつくりである。
「明けない夜はない」と訳してしまうと応用が効かない。
やはり素直に、「今夜は明けないほど長い夜だ」としたい。
しっくりこないかもしれないが、日本語にもこのような言い回しが有る。
「日本のいちばん長い日」という映画とか、
「親父の一番長い日」という歌とか、なら覚えがあると思う。
もしかしたらこれもシェークスピアから持ってきたのかもしれないが、むやみと疲れる一日という意味だ。
これなら納得できるだろう。となれば「日」を「夜」で置き換えても変じゃない。
ところで、これを読んだ学生さんは注意して欲しい。
テストでこの訳を書いても点はもらえない。
教わった通りの訳を回答しておくほうが良い。

その他のカテゴリー

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ